思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビが花盛りなのは思春期と呼ばれる10代後半です。この年頃はニキビケアも悩みのひとつとなっていると言っても過言ではないでしょう。たいていはハタチを過ぎれば落ち着いてきて、思春期ニキビとは決別できます。ところが、思春期ニキビがやっと収束したと安心したのもつかの間、大人ニキビに悩む人も少なくないのです。大人の場合には吹き出物と区別する人もいますが、結局のところ発生のメカニズムは同じですからニキビなのです。
ニキビの根幹にある原因はホルモンバランスの乱れです。思春期も大人もこの原因は同じです。しかし、できやすい部位が少し異なります。それはホルモンバランスが乱れる原因が異なってくるためのようです。
思春期ニキビが良く出やすい部位はTゾーンです。おでこ、鼻の近辺です。これは成長段階でのホルモンバランスの変化が原因となっています。そのため皮脂の分泌が過剰になってアクネ菌が繁殖してしまうのです。ですから思春期ニキビは成長活動が落ち着けば、収束するのです。この間はあまりいじらずに正しい洗顔でケアをすることで対処できます。
一方の大人ニキビは、TゾーンよりもUゾーンにできやすいのが特徴です。大人の場合にはストレスによってホルモンの変調があると発症することが多くなります。正しい洗顔も必要ですが、ストレスケアも必要になります。ニキビ肌にはビタミンC、Bが効果的だといわれています。便秘にも気を付けてバランスの良い食事を心がけることも必要です。

 

更新履歴